妊娠前期

つわりの種類と、夫としてできること

こんにちは。シキです。

妊娠初期に50~80%くらいの妊婦さんが経験する、つわり。
嫁さんはとっても辛そうにしているのですが、男からすると同じ感覚にはなれない歯がゆさがあります。

辛さを分かち合うことはできませんが、
妻がどんな状況にあるのか理解し、サポートできることはないか考え、行動することはできるはずです。

ということで今回は、つわりの種類・症状とそれに対して夫としてできることをまとめていきます。

そもそもつわりとは

つわりについてザックリ書くと、
・妊娠5週目~16週目くらいに起こる吐き気や倦怠感、頭痛など
・身近な感覚だと、二日酔いがひたすら続く状態
・吐きつわり、食べつわり、においつわり、眠りつわり、よだれつわりの大きく5種類
・人によって症状の重さは様々
という感じです。

マンガとかだといきなりトイレに駆け込んで吐いちゃう描写があります。
これは吐きつわりを表現しているのかなあと思いました。

吐き気を伴うのは吐きつわり、食べつわり、においつわり。
複数のつわりが一度に現れるケースもあるようです。

いずれにしても終わらない二日酔いがずっと続いていると思うと、本当に大変なんだと感じられると思います。

では、それぞれのつわりの症状と、夫としてサポートできることを書いていきますね。

1.吐きつわり

吐きつわりの症状

つわりと聞いて、一番初めに浮かぶのが吐きつわりかと思います。
上に書いたような、二日酔いが常に続く状態。胃がムカムカし、のどに何かがつっかえているような感じが続くなど、とにかく吐き気が止まらない状態なようです。

症状が重い場合、食べることも飲むこともできず、栄養失調や脱水症状になることも…

吐きつわりに対し、夫ができること

吐き気に対してできることは、ビタミンB6や葉酸を摂ることのようです。
ビタミンB6はエビオス錠、葉酸はエレビット、など手軽に摂れるサプリになっています。

奥さんが外に出るのも辛いこともありますので、仕事帰りに買って行ってあげましょう。

※もちろん、摂りすぎはダメですよ
※本当かどうか分かりませんが、エビオス錠を飲んだら吐き気がしなくなった!という人もいるようです

また、固形物を口に入れるのが辛いこともありますので
・すぐ食べられる野菜スープとかを用意しておく(作るなり、インスタントなり)
・スポーツドリンク、経口保水液で水分やミネラルを補給できるようにしておく
という心遣いも大事だと思います。
※経口保水液は、お医者さんもお勧めしているようです。

2.食べつわり

常に何か食べていたくなるのが食べつわりです。
空腹を感じると吐き気がします。
反対にお腹いっぱい食べても、気分が悪くなる場合があるようです。

空腹を感じると…というのがポイントで、朝起きたときが空腹感で吐き気が強くなる傾向があります。
また、特定の食べ物ばかりを食べたくなる場合もあります。
「マクドナルドのポテトが食べたくなる」とかよく聞きますよね。

空腹にならないよう、こまめに食べるのが大事なようです。

食べつわりに対して夫ができること

この時期、嫁さんは「これは食べたい」「これは嫌」というのがはっきりするはずです。
嫁さんが「食べたい」と言っているものを常備できるようにしましょう。
我が家はリビング・寝室それぞれに食べ物ボックスを置いて、
・こんにゃくゼリー
・クラッカー
・チョコレート
を欠かさないようにしていました。

3.においつわり

今まで何も気にしていなかったにおいに反応して吐き気がしてしまう状態です。

炊飯器を開けたときのごはんのにおいがダメ、香水の匂いがダメなど、どこのにおいに反応するか分かりません。

我が家は私のヘアジェルのにおいがダメで洗面所でセットできなかったので、毎朝風呂で換気扇を回してセットしていました。

においつわりに対して夫ができること

上にも書いた通り、どのにおいに反応するか分からないので、
・においをシャットアウト
・においを拡散
・においを遠ざける
という感じでしょうか…

シャットアウトするにはマスクを用意。拡散するにはひたすら換気。遠ざけるにはにおいのもとを防きます。
特に自分のにおいが嫁さんに嫌われてしまう場合もあるので、自分自身をきれいにしておくのも大事ですね。

4.眠りつわり

結構マイナーなつわりのようです。我が家ではなかったように感じます。
普段とは違う強い眠気を感じたり、ちゃんと寝ても一日中眠いといった症状がでるとのことでした。

対策は、普段の眠気対策とほぼ同じようです。
とにかく寝る、軽く運動、スーッとするガムをかむ・・・などなど。

では旦那ができることってなんでしょう?

眠りつわりに対して夫ができること

私の答えは、嫁さんの好きにさせてあげることかと思います。
眠い時は寝かせてあげる。話したいときは話し相手になる。

旦那が無理矢理外に連れ出したり、寝てばかりだからって不機嫌になったりすると、今後の不仲にもつながります。
というわけで、無理せず自然体ですごせる環境を作りましょう。

5.よだれつわり

普段よりも唾液の量が増える症状です。寝ているときに口からたらたら出てしまうレベルで唾液が出るようで、ひどいと脱水症状になることもあります。
唾液のにおい・味・飲んだことでの胃の不快感を起こします。

あまり知られていない(私は知らなかった)ですが、妊婦さんの5人に1人が経験されるようです。

よだれつわりに対して夫ができること

吐きつわりと同様、ビタミンB6が効果があるようです。レバーや鮭など、ビタミンB6を多く含む食材を用意したり、サプリメントを常備するのは喜ばれるのでは。

寝ている間に出てしまうものはしょうがないので、枕に敷く柔らかいタオルをプレゼントするのもいいんじゃないかなーと思いました。

以上、つわりってどんなものなのか。夫ができることは何かを書いてきました。
つわりに対する万能薬は、ありません。
だから夫として一番大切なことは、嫁さんのことを想って、ちょっとした気遣いと行動を続けることではないかと思います。

辛い時期を一緒に乗り越えて、いい夫婦関係を続けましょう。

ではまた。

ABOUT ME
shiki0405
IT営業→コンサル。今はハードに働いていますが、子供ができて家族の時間が欲しくなった20代最後の年。日頃考えている、生活の知恵について書いています。