妊娠前期

夫として知っておくべき妊娠~出産までにかかるお金と、補助金制度

こんにちは。シキです。

子供を授かり、嫁さんと一緒に喜んだあとは、出産に向けて実際にどう行動していくか考えなければなりません。
特に注意を払わなければならないのが、お金の話。

体調が不安定になる嫁さんに代わって、お金や制度のことを勉強しておくのが夫が果たせる役割だと思います。

ということで、妊娠初期に知っておくべきお金の話をしていきます。

妊娠~出産にかかるお金

まずは、妊娠から出産にかかる費用をざっくりと。
補助される分を一旦考慮外にすると、73万円くらいになります。

では、何にいくらくらいかかるのか、見ていきましょう。

妊婦健診費

赤ちゃんの発育状態のチェックや母体の健康状態を確認します。
1回あたり3,000~5,000円、時には10,000円を超えることもあるとよく言われます。
ちなみに、我が家の健診費用はこんな感じでした。
0回目(妊娠確認):20,000円
1回目:13,000円
2回目:7,000円
※これ以降は、都度書いていきます。

平均すると、総額で12~3万円くらいかかるようです。

入院・分娩費用

厚生労働省の「第78回 社会保障審議会」によると、出産時の入院・分娩費用は平均すると41.7万円とのことです。
個室がいい!いい医療機関で生みたい!とこだわり始めると、平気でプラス10万円~20万円かかります。
一旦50万円前後かかるものとして見ておいた方がいいかもしれません。

これも健保に入っていれば、補助が出ます。詳細は↓で。

衣服、ベビー用品

お母さんの衣服、子供の衣服、子供用の各種雑貨でもお金がかかります。
人によってかなり変わりますので、参考までに。
ざっくり合計15万円くらいかかりそうです。

お母さんの衣服
・セレモニードレス:10,000円
・入院用パジャマ:4,000円×3着=12,000円
・お腹まであるパンツ:500円×3枚=1,500円
→合計24,000円くらい

子供の衣服
・肌着、その他衣服:20,000円
・おくるみ:10,000円
・抱っこ紐:10,000
→合計40,000円くらい

各種雑貨
・ベビーベッド:35,000円
・哺乳瓶:2,000円
・消毒器具:2,000円
・その他消耗品(おむつなど):40,000円
※必要なものは別記事でちゃんとまとめます…
→合計80,000円くらい

これらの費用は、友人からのプレゼントでもない限り純粋な出費になりますね。

妊娠~出産でもらえるお金

ここまで、出産までにざっくりどれくらいお金が出ていくか書いてきました。
少子化対策が進む(?)日本。出産に関わる費用の補助も色々用意してくれています。
では、中身を見ていきましょう。

※出産手当金など、嫁さんがお休み中の補填については別記事でまとめますので、今回は対象外にしました。

妊婦健康診査の助成

上にも書いた、妊婦健診です。赤ちゃんの発育状態のチェックや母体の健康状態を確認します。
この助成のおかげで、妊婦健康診査の14回、超音波検査1回、子宮頸がん検診1回を公費負担で受診できます。
ただし、あくまで「一定金額を助成する」もので、医療機関での指導内容や検査項目により自己負担額が発生する場合があります。

検査項目で言うと、3Dエコーとかが対象外になります。
また、妊娠しているかどうかを調べるための検査には適用されません

もらいかたと使い方
住んでいる市町村の窓口に妊娠届を出します。そうすると、母子手帳と一緒に妊婦健診費助成の受診表がもらえます。
※もらわずに健診に行くと、過去分は補助されない場合もあるので、早めに取りに行きましょう!

使うときは、住所や氏名などを記入した上で健診時に医療機関に提出します。
診察や検査項目で金額が変わりますので、助成金を超えた分は実費になります。
助成金で賄えれば自己負担不要ですが、オーバーする場合もありますので、受診時は少し多めにお金を持って行きましょう。

出産育児一時金

出産育児一時金は、健康保険から分娩・入院費として支給される助成金です。
支給額は、子供1人につき42万円(産科医療保障制度に加入されていない医療機関等で出産された場合は40.4万円)、双子だと84万円になります。

支給条件は、妊娠4カ月(85日)以上で出産することで、早産・死産・流産・人工妊娠中絶(経済的理由によるものも含む)も含まれます。

もらいかたと使い方
① 出産予定の医療機関で「直接支払制度」が使えることを確認し、「直接支払制度」の合意書を記入する
② 出産で入院する際、医療機関に健康保険証を提出
③ 退院する際、出産育児一時金では足りない場合は差額を支払う
④ 費用が出産育児一時金より少なかった場合、産後に差額の申請をして現金を受け取る

多くの医療機関が、入院費用の差分だけ精算するようなやり方をしてくれます。
分娩・入院費は、まとまったお金が必要になりますので、差分精算はありがたいですね。
費用は病院によってまちまちなので、出産する医療機関が決まったら、差分がいくらになるか見ておきましょう。

出産育児付加金

加入している健保によっては、出産育児一時金に加えて、付加給付がある場合もあります。
関東IT健保だと9万円だったと思います。
普段あまり見ないかもしれませんが、加入している健保のホームページも見てみてください。

医療費控除

世帯の年間医療費が10万円を超えた場合、確定申告時にお金が返ってくる制度です。
これは入院費用だけでなく、医療機関までの交通費や薬局での薬代まで、幅広く保障されています。
毎回の健診のレシートなどは、しっかりと保存しておいてください。

傷病手当

つわりや切迫流産、早産で4日以上会社を休業した場合は、傷病手当金がもらえます。
傷病手当金は、会社員が病気やケガのため仕事ができなくなった時に、その間の生活保障をしてくれる制度です。
欠勤4日目以降、1日分のお給料(標準報酬日額)の3分の2がもらえるので結構な金額になります。

制度適用の条件は、以下の通りです。
・業務外の傷病により療養しており、動ける状態ではない(労務不能)こと
・連続して3日(待機期間)を超えて休んでいること
・給与の支払いがないこと、または、支払われている賃金が傷病手当金の額より少ないこと

もらいかたと使い方
会社の制度ですので、会社に相談します。
つわりや切迫流産等で長期にわたって休業する場合は、傷病手当金の制度を使いたい旨を上司や主管部署に伝えましょう。

出産祝い金

会社の福利厚生制度で、平均して10,000~30,000円ほどの出産祝い金を受給できます。
ただ、全ての会社で導入している制度ではありませんので、会社の制度をよく確認してみてください。

特筆すべきは、夫・妻それぞれの会社から受け取れる可能性があること。
嫁さんが専業主婦であっても夫の会社から支給されることもあります。

もらいかたと使い方
会社の制度と手続方法に従って申請しましょう。

結局持ち出しはいくらくらいになるか

今まで書いてきたことを整理すると、
【費用】
・妊婦健診費:12~3万円
・入院・分娩費用:50~60万円
・衣服、ベビー用品:10~15万円
→ざっくり合計72~77万円くらい
※医療費控除は、収入やらでかなり変わるので、一旦対象外にしました。

【収入】
・妊婦健康診査の助成:10万円分くらい
・出産育児一時金:42万円
・出産育児付加金:9万円(IT健保の場合)
・出産祝い金:1~3万円
→ざっくり合計65万円くらい

ということで、10万円前後は持ち出しがありそうです。

高い高いと言われる妊娠~出産の費用ですが、補助を駆使すればだいぶ安く済みそうです。

申請しないともらえないものもありますので、申請のタイミングは逃さぬよう!

自分も気を付けます!ではまた。

ABOUT ME
shiki0405
IT営業→コンサル。今はハードに働いていますが、子供ができて家族の時間が欲しくなった20代最後の年。日頃考えている、生活の知恵について書いています。