妊娠前期

妻を支える夫のためのアプリ、パパninaruを使ってみた。

こんにちは。シキです。

我が家の子も少しずつ大きくなってきたようで、先日の検診ではエコーで動いている姿が見えました。

感想は、「超カワイイ!!」

まだ性別もわからぬ我が子ですが、早く会いたいなと思った次第です。

さて、嫁さんとの会話の中で子供の様子について

「今は○○なんだよ~」

と教えてくれることが多々ありました。

なんで胎動もないのになぜわかるのかな?と思っていたら、そういうアプリがあるのですね。
予定日を入れると、「一般的に○週目の子供はこんな感じ」という情報を出してくれるみたいです。

夫向けの同じようなアプリはないのかなーと思って探したところ、ありました。

パパになる

ダウンロードして使ってみたので感想をシェアします。

パパninaruを使ってみた!

ever senseという会社が提供しているアプリです。

以下引用
パパninaru – ママを支えるパパ専用アプリ
パパになるあなたへ
パパにとって、妊娠中~出産後のママの体や赤ちゃんの成長のことは、わからないことばかり。
「どうやってママをサポートしたらいい?」
「赤ちゃん誕生までに準備することは?」
「おむつ替えってどうやってやるの?」
など、疑問に思うことが多いのではないでしょうか。

パパninaru(ニナル)は、これからパパになる皆さま、そして今まさに子育てに奮闘しているパパたちを応援します。
「パパ向けのメッセージ」を読んで、妊娠中から出産後まで、ママを支えてあげてくださいね。
引用ここまで

世の中の男性陣(私も含め)は、夫として嫁さんに何をしてあげられるのか、わからないことだらけだと思います。

妊娠の各フェーズで女性がどんな状況なのか、簡単に教えてくれるのはとてもありがたいですね。

ダウンロード~使用開始まで

使いかたは非常に簡単。
1.AppStoreやGoogle Playからダウンロードして起動
2.出産予定日を入力

以上です。プライバシー情報を登録する必要は全くありません。
開始までのステップが短いことはとっても楽でいいですね。

情報① Today’s Baby, Today’s PaPa

トップページには予定日までの日数、赤ちゃんの様子、パパへのメッセージが出ます。

赤ちゃんの今の様子・嫁さんの体調・自分がすべきことがささっと見られるのはありがたい。

嫁さんの体調を気遣う一言が言えたり、子供の様子で奥さんと語り合うこともできるんじゃないでしょうか。
円満な夫婦生活に寄与してくれそう。

情報② 今日の記事、これまでの記事

「今日の記事」には、「今日のパパへ」のメッセージを詳しく解説した記事を選んで表示してくれるようです。

そして、「これまでの記事」には、妊娠のフェーズ(週単位)に適した記事を表示してくれます。
また、「さがす」の機能でカテゴリ別に記事を分類してくれているので、そちらから情報収集することも可能です。

上にも書いた通り、世の中の男性陣は「何をしたらいいかわからない夫」ですので、すべきことを検索するキーワードすらわからないわけです。
何も探さずとも適した記事を出してくれるのは、そんな男性陣の助けになるのではないでしょうか。

ちょこっと考察

Win-Winってこう作るんだーと思ったので簡単に。

妊娠期間に夫ができることは、
嫁さんの体調を知り
嫁さんがうれしくなる行動をとる
ことだと思います。

パパninaruは「嫁さんの体調を知り」「嫁さんがうれしくなる行動」を教えてくれるアプリとして、まず世の中の男性陣の助けになっています。

そして、「嫁さんがうれしくなる行動」をするために、何かを買わなければならないことがあります。
体調維持のためのサプリや、マタニティグッズなどなど。

パパninaruでは、各フェーズで必要なものについて解説した記事から、ECサイトに飛ぶことができます。
いちいち検索しなおさなくても商品にアクセスできるので、ユーザーとしては楽です。
→ユーザーのwin

一方、ever sense社としても、ユーザーが記事から飛んだECサイトで買い物をしてくれれば、広告収入が入ります。
→ever sense社のwin

ただただブログ記事やツイッターに商品の紹介をされても、なかなかクリックする気にはなりませんが、
・ターゲットをきちんと絞って記事にアクセスしてもらい
・その人にあった商品を紹介し、
・購入ページへのアクセスを簡単にしてあげる
ということが、基本的ながらWin-Winを作るには大事なことだなーと改めて思った次第です。

浅い感想ですみません!

ではまた。

ABOUT ME
shiki0405
IT営業→コンサル。今はハードに働いていますが、子供ができて家族の時間が欲しくなった20代最後の年。日頃考えている、生活の知恵について書いています。