英語

英単語帳を使うなら、「システム英単語」一択です!

こんにちは、シキです。

英語を話すにしても、聞くにしても避けては通れない「単語」

身振り手振りで頑張れないこともありませんが、どうせならきちんとコミュニケーション取りたいですよね。

世の中に単語帳は死ぬほどたくさんあります。

その中で自分がおすすめするのは、ただこの1冊!

「システム英単語」

私は大学受験のお供として使っていましたが、TOIECから日常会話まで、かなり色んな場面で使えるなと実感しています。

システム英単語のおすすめポイントを3つお伝えします

フレーズで覚えられる

システム英単語は、ミニマルフレーズと銘打った短い文で構成されています。

たとえば、「follow」という単語は、

「follow her advice(彼女の指示に従う)」というフレーズで覚えるようになっています。

単に単語-意味の組み合わせだけだと頭に入れるのが大変ですが、短いフレーズだと頭に入りやすいです。

普通の単語帳だと文例が書いてあったりしますが、そんなのいちいち読んでないですよね。

システム英単語なら、1秒以内に言えるフレーズで覚えられるので、忘れにくいです。

文法も覚えられる

このミニマルフレーズが優れモノで、単語の使い方をかなり厳選してくれています。

例えば先ほどの「follow」で言うと、~に従うという用法の場合に後ろにつくのは名詞or名詞句です。

その他の単語も、前置詞の組み合わせ含めて覚えられるように収録されています。

システム英単語をマスターすれば、センター試験やTOEICの文法問題の一部はカバーできると思います。

耳で聞いて覚えられる

CDが付属していますので、いつでも耳で聞いて覚えられます。

CDでは、ミニマルフレーズを
①単語
②ミニマルフレーズ(英語)
③ミニマルフレーズ(日本語)
④ミニマルフレーズ(英語)
⑤ミニマルフレーズ(英語)

の順番で読み上げてくれます。

1回あたり3回も読み上げてくれるので、頭に残りやすいです。

そして、何度も何度も聞いていると、その単語に出会った瞬間にミニマルフレーズが出てくるようになります。

移動中など、スキマ時間に聞きまくって頭にこびりつかせましょう。

最後に

キクタンとかDUOとか色んな単語帳がある中、英単語の覚え方として一線を画しているのがシステム英単語です。

これから英単語に力を入れる方は、この単語帳のとてつもない力をぜひ感じていただきたいですね。

ではまた。

ABOUT ME
shiki0405
IT営業→コンサル。今はハードに働いていますが、子供ができて家族の時間が欲しくなった20代最後の年。日頃考えている、生活の知恵について書いています。