英語

オンライン英会話の活用法!テキスト外に挑戦し、生きた英語を身に着ける

こんにちは、シキです。

オンライン英会話をやっていて、ふと「この使い方いいな…」と思ったので、シェアします。

平たく言うと、レッスン中に講師から言われる

「Do you have any question?」

に対し、

テキストより一歩踏み込んだ質問をしてみる

ということです。

テキストの内容に対して思うこととか、日本と講師の母国との違いとか。

当たり前?まぁそうですね。

ただ、英語に必死になってると、意外とできないものです。

何でできないのか、どうしたら講師との会話を楽しめるか、ちょっと考えてみました。

テキストやってるだけじゃ、使える英語にはなりません。

能動的に動けば、活き活きとした会話にできるはず!

では本編をどうぞ。

そもそも何でできないのか

これは、テキストの内容理解に意識が行き過ぎるから、かと。

オンライン英会話では、教材が用意されているレッスンが多いです。

ビジネスの場を想定した練習、記事を読んでディスカッションなど、内容は様々です。

テキストの内容を理解しつつ、自分のものにしていくことは目的の1つなので、当然そっちに意識は行きやすいです。

結果として、教科書をなぞっておしまい…というレッスンになりがちではないでしょうか。

ちょっと振り返ってみましょう。

…あれ。このやり方、中学・高校時代の、英語学習と同じじゃありませんか?

レッスン後、「英語で会話した!」という実感がありますか?

私も最初はとりあえずテキストに従っていましたが、あまり英語を話した気がしないのでテキスト外に飛び出しました。

幸いオンライン英会話は、レッスン内容の自由度が高いです。

それを活かして、テキストの外側へ一歩踏み出すのも面白いと思いますよ。

では、具体的にどうすればいいのか話していきます。

どうしたら講師との会話を楽しめるか

私がいいなと思っているやりかたは、

・同じ教材を2回やる
・自分の意見を言う、講師の母国との違いを質問する

です。

同じ教材を2回やる

1番いいのは、同じ教材を2回やることです。

1回目は内容の理解に頭が行っちゃうかもしれません。

それでいいです。まずは教材の中身を頭に入れておきます。

そして、極力間を置かずに同じ教材でもう1レッスンしましょう。

すると、内容理解以外に頭のリソースを使えますので、テキストの一歩先に考えを巡らせやすくなります。

自分の意見を言う、講師の母国との違いを質問する

レッスン中、各パートの終了時に必ず講師は、

「Do you have any question?」

と聞いてくると思います。

とっつきやすいのは、
・自分だったらどうするか、どう思うか
・日本と講師の母国との違いを質問する

といったところでしょうか。

例えば私は、

「若者が新聞を読まなくなったので、WEBマーケティングが重要」

とテキストに書いてあったので、講師の母国フィリピンではどうなのか?と質問しました。

すると、嬉しそうに色々お話してくれましたし、そこから議論が発展しました。

こんな感じでテキストの一歩先に行ってみると、ただのお勉強ではなく、楽しく&身になる英語にしていけるんじゃないでしょうか。

注意点

1つだけ注意すべきなのは、時間内にテキストが終わらない場合が出てくることです。

ちょうど25分間で終わるテキストなのに、他のことを話してたらタイトになるのは当然ですが…

まぁこれも、どこに比重を置いてレッスンに臨むかだと思うので、よしなにやればいいかと。

最後に

オンライン英会話を有効活用する術を簡単に紹介しました。

日本人の英語力が過去最低を更新したそうです。(2018.11.9の記事)
日本人の英語力が過去最低を更新

そんな中、ちょっと英語が上達するだけで、貴重な人材になれるはず。

なんていい国日本。

ということで、ちょっとでも興味を持ったらまずは無料体験してみましょう。

とりあえず、気軽に話したいときは、レアジョブ


Hanasoも気軽にチャレンジできますよ。


ビジネス会話ガッツリやりたい方は、ビズメイツ


ではまた。

ABOUT ME
shiki0405
IT営業→コンサル。今はハードに働いていますが、子供ができて家族の時間が欲しくなった20代最後の年。日頃考えている、生活の知恵について書いています。