妊娠中の妻のために

生まれてみないと分からない…出産~退院までの準備の落とし穴

こんにちは、シキです。

めでたいことに子どもが生まれました!

いやーかわいいですね。ギャン泣きの声すら愛おしいですよ、全く。

さて、出産に先立って「これは必要だろう」と思ったことはキッチリ準備して臨んだつもりでした。

しかし、
・実は出産後に用意した方が良かったんじゃないか?
・先に用意しておけばよかった…
と思ったこともいくつかありました。

今回は、実際に出産~退院後の生活を振り返って、産後に準備すべきだったこと・事前に準備すべきだったことをまとめていきます。

実は出産後に用意した方が良かったんじゃないか?と思ったもの

まずは、出産後に用意した方が良かったんじゃないかと思ったものです。

哺乳瓶・ミルク

哺乳瓶・ミルクは、産後に用意すべきだったな…と一番強く感じました。

我が子は2,200g(2,500g以下は低体重児となる)ととても小さい状態で生まれてきたので、保育器に入っていました。

そのため、母乳スタートができない&吸う力が弱く、哺乳瓶で飲むのに慣れてしまいました。

また、哺乳瓶は産前に用意すべき…と思って用意はしていたのですが、
・用意したものは大きすぎて(容量が200ml以上)新生児相手だと使いにくい
・飲み口部分から出る量が多すぎて、新生児だとうまく飲めない

といった問題があって、結局買いなおしました。

個人的には、出産後の入院期間中に、病院で使っている哺乳瓶と同じものを買うのがいいと思います。

親が使い慣れているのと、子どもも吸い慣れているからです。

我が家で使ったのは、Pigeon製の小さなタイプでした。

オムツ

オムツも退院後すぐに必要になりますが、産後の準備をお勧めしたいです。

というのも、各社で幅や足回りの大きさが微妙に違うので、
・子どもに合う、合わない
・親が替えやすい・替えにくい
という違いが存在するからです。

また、新生児用のおむつも大きく2つの種類があります。
・~3kgまで
・~5kgまで

我が家では事前に~5kgのオムツを買っておいたのですが、上にも書いた通り小さく生まれてきたので、~5kgのオムツではぶかぶかすぎて使い物になりませんでした…

大きくなれば使えるじゃないか。という話はありますが、オムツって結構場所を取ります。

家が大きければいいですが、我が家は60㎡のマンション。置き場にとっても困りました…

ということで、いろんなタイプがあったり、大きさが子どもに合っていなかったりするので、産後にご用意いただくのがいいと思います。

~お役立ち情報~
近所に安産祈願で有名な神社があれば、戌の日のお参りに行ってみてください。

近くでたくさんサンプルを配っているので、各社のオムツを試せますよ。

私は、東京の水天宮に行きました。

先に用意しておけばよかった…と思ったもの

続いて、出産~退院前に用意しておけばよかったな…と思ったものです。

昼間の居場所

ベビーベッドを買うか・買わないかという議論は、夫婦間で必ずするのではないでしょうか。

そのベビーベッド、どこに置きますか?寝室だったりしませんか?

はい、我が家も寝室に置くつもりでベビーベッドは手配したものの、日中はリビングにいますので、子どもの居場所がないことに気づきました。

ベビーベッドを動かせばいいのですが、本体は重いし、物は載せるしで、意外と動かしにくいんですよね…

そんな事態に気づいてから、我が家ではクーファンを購入しました。

昼間はここに寝かせておき、夜はベビーベッドを使う形にしました。

子ども服

色々なサイトに服の枚数の目安が書いてありますが、多い方に合わせて購入した方がいいと思います。

普通に生活することを想定すれば、それほど量はいらないのですが、普通に生活なんかできません(笑)

・オムツから漏れてしまう
・オムツを替えている最中にしちゃって服が汚れる

こんなことが日常茶飯事です。

西松屋とか安い服で全然問題ないので、多めに用意しておくのをお勧めしたいです。

最後に

実際に出産~退院後の生活を振り返って、産後に準備すべきだったこと・事前に準備すべきだったことをまとめました。

事前に準備することの一覧を紹介しているサイトはたくさんあるのですが、これは想定外のところに落とし穴があるので、注意したいです。

これからお産を迎える方々の参考になれば幸いです!

ではまた。

ABOUT ME
shiki0405
5年間務めた社員4,000人の大企業→社員80人のベンチャーへ転職。職種はIT営業→ITコンサル。仕事を効率的に進めるためのExcel・PPT術、人とのかかわり方を発信します。 子どもが最近生まれたので、妻との夫婦関係や子育てで思うことも併せて。