ヒゲ脱毛

痛みか効果の実感か…ヒゲ脱毛に使われる機械を比べてみた

こんにちは、シキです。

医療レーザーのヒゲ脱毛を始めると、おそらく2つの機械を紹介されると思います。

・メディオスター
・ヤグレーザー

脱毛の方式は違えど、行き着く先は同じ…と紹介されると思いますが、かなり好みが別れる部分です。

ぜひ両方試して、自分の好みに合う機械を選んでほしいです。

では、それぞれの機械の特徴を簡単に書いていきます。



ざっくりまとめ

メディオスター

ヤグレーザーと比較して痛みが少ないので、まず最初にお勧めされる機械です。

メディオスターは、ヒゲを生成する指示を出している「バルジ領域」にダメージを与え、ヒゲが生えないようにします。

バルジ領域は、毛の元になる毛乳頭よりも皮膚の浅い位置にあるため、それほど強力なエネルギーは必要ありません。

そのヒゲめがけて強いエネルギーを照射するのではなく、何度もじわじわと温めて、バルジ領域にダメージを与えていきます。

そのため、赤みが出にくく、痛みがマイルドになるようです。

私が施術を受けたときは、軽めの静電気がぱちぱちするような感覚でした。

また、通常の毛の成長サイクル(毛周期)に従って毛が抜け落ち、そのまま次の毛が生えてこない、というのがメディオスターの特徴です。

そのため、毛が抜け落ちるまでに約1ヶ月ほどかかるので、「あ、毛が少なくなったな…」と実感しにくい面もあります。

何度か施術を受けて初めて、「毛が少なくなったな…」と実感できる機械です。

ヤグレーザー

ヤグレーザーはメディオスターと違い、毛の元になる毛乳頭にダメージを与える機械です。

そのヒゲめがけて強いエネルギーを照射しますので、痛みはメディオスターより強いです。

痛みは、輪ゴムを引っ張って顔に当てられている感じです。麻酔をすると痛みは和らいで、強めの静電気が当たったような感覚でした。

あと、施術中は焦げたようなにおいがします。(ヒゲが焦げたにおいだそうです)

ヤグレーザーのいいところは、施術後1~2週間でゴソっとヒゲが抜けることです。

毎日の髭剃りや洗顔の時にぽろぽろ落ちるのでしょう。ヒゲが薄くなったことがすごく実感できます。

最後に

最終的な脱毛結果はメディオスターもヤグレーザーも変わらないですが、個人的には実感が伴うヤグレーザーが好きです。

機械が両方とも置いてある院でしたら、ぜひ両方試してみて、自分の好みや肌に合う方を選んでみてください。

ではまた。



ABOUT ME
shiki0405
5年間務めた社員4,000人の大企業→社員80人のベンチャーへ転職。職種はIT営業→ITコンサル。仕事を効率的に進めるためのExcel・PPT術、人とのかかわり方を発信します。 子どもが最近生まれたので、妻との夫婦関係や子育てで思うことも併せて。