転職

転職時の面接対策 質疑応答集(自分編)

こんにちは、シキです。

社会人になってそこそこの年月が経ちました。

気づいてみれば会社も3社目。2回の転職活動を経験しています。

まずは今の仕事で自信をもって語れるような実績を作るのが大事ですが、それでもその実績を分かりやすく伝えられるようにすることも必要です。

ではどんな観点で面接対策をしておけばいいのか?と考えたとき、想定質疑応答集を作るのが1つの準備になると思っています。

ということで、私が使った想定質疑応答集と、どんな観点で話すとよいかまとめてみました。

準備すべき項目は、大きく分けると以下の6つです。
○自分自身について
○転職理由
○仕事に対する取り組み方
○志望企業への興味・関心
○他社・市場への興味・関心
○労働条件・選考状況

Excelも付けておくので、参考にしていただけると幸いです。

今回は、「自分自身について」と、「転職理由」について書いていきます。

仕事への取り組み方については、以下で書いてます。
転職時の面接対策 質疑応答集(仕事への取り組み方編)

自分自身について

まずは自分自身について。自己紹介から長所・短所など、自分の過去を振り返って準備していきます。

完全に私の感覚ですが、部長級以上との面接でよく聞かれる気がします。

では1つずつ見ていきましょう。

自己紹介をしてください

最終学歴の学校を卒業した後の経歴を話します。大学名は不要です。

1回目の転職であれば、今の会社の担当業務と仕事上で工夫している点、その工夫による成果を話す形になると思います。

2回目の以降の転職であれば、↑の内容に加えて、1回目の転職の理由と今の会社での担当業務と工夫していることを話します。

例:
○○と申します。△△株式会社で4年間、営業としてデータセンターへの移設やシステム導入の提案をしてきました。汎用的な商品でしたが、新しい課金体系を作ったりすることで、人とは違った提案ができ、評価されてきました。その後、IT業界にいながら技術が身についていないことに焦りを感じ、◆◆社に転職しました。転職後は食品スーパーの基幹システムリプレースプロジェクトのPMOやSPA小売業のSCMシステム運用および、次期システムリプレースプロジェクトで海外との要件定義を担当してきました。英語・日本語問わずシステムのユーザに近い場所で意見を聞き、1クリックレベルでこだわったシステムの設計をしています。

今後のキャリアについて、5年~10年後どうなりたいと考えていますか?

次の仕事で着く予定の職務で大成したい、というのがシンプルで突っ込まれにくいです。

例:
販売計画~貿易、販売に至るまでのSPA小売業のサプライチェーンのスペシャリストになりたいです。業務とシステムを両方熟知した人材として、業務を正しい形に変えていけるようになります。

長所を教えてください

仕事をする上での自分の長所を記載します。

人間関係の構築方法や仕事に取り組む姿勢など、自分が仕事をしている姿が想像できるような内容が良いです。

例:
徹底的に相手の立場に立って考えて行動できることです。相手との会話やゴールの共有がスムーズになり、仕事のスピードアップにつながっています。

短所を教えてください

仕事をする上での自分の短所を記載します。当然ですが、短所なので、改善しようとしている姿勢を見せる必要があります。

例:
スピードへのこだわりが強い一方、細かな点で詰めの甘いところがあることです。スピードをあげて作成することでできた時間をゴールとの擦り合わせや修正に使用し、クオリティをあげていくことにもきちんとこだわっていきます。

身に付けたいスキルは何かありますか?

自分が課題だと思っていることの裏返しが、身につけたいスキルになります。

また、自分が理想とする人が持っていて、自分にないスキルを伝えるのもいいと思います。

例:
初めての問題に直面したときの解決策考案スピードを限りなく早くしていきたいです。

まわりの方はあなたのことをどんな人だと言いますか?

自分で適当に考えてもいいのですが、どうせならきちんと他者からの評価をもとにしたいです。

周りの評価を聞く機会としては、
・上司との面談で聞いてみる
・同僚との飲み会で聞いてみる
などでしょうか。

身内に聞いてもいいのですが、仕事の姿とプライベートの姿はきっと違います。

個人的には、仕事関係の人に聞いた方がいいと思います。

例:
人たらしだけど仕事は期待以上のものを出してくると言われます。誰と話すときも笑顔で話すため相手からの信頼を早い段階で得ることができます。人柄だけではなく仕事についても相手が求める一歩以上先のスピードとクオリティを心がけて対応するため、先ほどお話ししたようなことを言われるのだと思います。

あなたにとって仕事とは何ですか?

自分が仕事で実現したいと思っていることを汎化して伝えます。あまり具体的でない方がいいです。

例:
自分の力を伸ばし、その力で相手に価値を与える場

あなたの苦手なタイプを教えてください

職場に1人くらいは苦手なタイプの人がいると思います。その人の性格や行動を文字にしてみましょう。

例:
意図、目的のない指示をしてくる人です。一時しのぎで体裁をよく見せるだけなど本質的な解決にならないが工数のかかる仕事を振ってくるタイプは苦手です。

理想の人はいますか?
・その人の良いと思う部分は?
・良いと思う部分で、今の自分が持ってる部分と持ってない部分は?
・持っていない部分(ギャップ)を埋めるために何をしているか?

自分が尊敬できる人や偉人について記載します。

理想の人は…と考えるときにぱっと思い浮かぶ人がいると思います。その人の性格や行動を言葉に落としていきます。

職場の上司とかだと面接官の共感を得にくい(面接官は上司を知らない)ので、個人的には有名人や偉人を上げるのがいいかなと思っています。


上杉鷹山です。
① 途中でどんな問題が起きても藩政改革のゴールから目を離さず、1つ1つ問題は根本から解決し、改革を着実に進めたところ。
② プロジェクトや顧客からの依頼のゴールは意識するものの、途中で起きる問題が多いと見失いがちになります。
③ 問題に取り組む前にゴールまでのタスクのどれにあたるものなのか図示して確認しています。

現在の仕事を選んだ理由は何ですか?

ホンネは別であると思いますが、現職にいたるまでの面接で、面接官に伝えていた前向きな志望動機があるはずです。

その志望動機と今までの職歴が一連のストーリーになるように構築します。

例:
前職はIT業界でもインフラに強い会社でした。IT業界に入ったのは相手が求めるものを形にできる範囲が広いと思ったからで、その中でもインフラに興味を持ったのはどんなアプリにも必要なものであるため、問題解決の幅が広いと当時は思ったからです。現職は「小売×IT」という旗のもと、コンサル~システム開発までやっている会社だったので、業界知識を身に着けつつ、自分のIT屋としてのスキルアップにつながると考えたためです。

社会人になって得たものは何ですか?

自分の長所や、意識して仕事をしていることが得たものにつながってくると思います。

例:
相手と早期に信頼関係を構築するスキル

転職理由

当たり前ですが、本音と建て前は使い分けましょう。

前職がブラックで体を壊しそうになったから…とかはあまり言わない方がいいです。

あくまで前向きな理由を伝えましょう。

今までの職歴を踏まえて、きちんとストーリーがつながるようにしたいです。

例:
クライアントの近くで仕事をする一方、近いがために境界線を強く感じたためです。システムのユーザの一次受けはクライアントの情シスになるため、生の声ではなくフィルターがかかった形になります。システム構築の当事者として受け止めたいので、ユーザの声をオブラートに包まずに直接聞き、自分で解決できる職に就きたいと考えました。

さいごに

自分自身について振り返り、面接の準備を進めるためのTipsを書いてきました。

↓にExcelも用意しています。ご自身を振り返るときにご利用ください。
面接質疑応答集_v0.1

ではまた。

ABOUT ME
shiki0405
5年間務めた社員4,000人の大企業→社員80人のベンチャーへ転職。職種はIT営業→ITコンサル。仕事を効率的に進めるためのExcel・PPT術、人とのかかわり方を発信します。 子どもが最近生まれたので、妻との夫婦関係や子育てで思うことも併せて。