その他

仕事で使うノートとペン、何を使うか・どこまでこだわるか

こんにちは、シキです。

昨日(2019/10/20)のシューイチでこんな商品が紹介されていました。

◆ButterflyBoard2

一言で言えば、持ち運べるホワイトボード。

サイズも様々で、複数のボードを磁石で繋げて使うこともできます。

詳しくは↓
https://www.butterflyboard.jp/

これはすごい!と思って買おうと思ったのですが、自分のノートの使い方を振り返った時にちょっと合わないな…と思って留まりました。

というのも、
1. ペンとボードの両方を持ち運ぶのが若干面倒
2. すぐ消すことになるので、過去に書いたメモを振り返れない

からです。

2.に関しては、すぐに電子化できるようなツールが開発されています。

◆Everlast Rocketbook

詳しくは↓
https://rocketbookjapan.com/

こちらはPILOTの”消せるボールペン”Frixionシリーズで書くと、何度でも書き直しができる商品です。

書いた後はスマホのアプリで一瞬でスキャンして、色んなストレージサービスに連携できます。

個人的に気になったのは
1.ストレージサービスに連携するとき、ファイル名ってつけなきゃいけないんじゃ?
2.Frixionボールペンのインクがあっという間になくなる問題

です。

1.については、スキャンするたびにファイル名を付けるのが若干面倒&検索するときにいちいちファイル名を打つのが面倒
(普通のノートならパラパラめくれば見つかる)

2.については、Frixionボールペンの今後に期待したい感じ。

ということで、現時点で個人的に1番の組み合わせは、ニーモシネのA5ノートとWater Manのボールペンです。

◆ニーモシネA5ノート

◆WATERMANボールペン

ニーモシネのノートのいいところ
・見た目が高級っぽい
・紙の滑りが良くてシャシャっと書きたいときのスムーズ感が良い

WATERMANボールペンのいいところ
・細いので、リングノートのリング部分に引っ掛けられる
・高級感があるので、クライアントの前で使っても恥ずかしくない

そして何より、1回書いたことを振り返りやすいことなんですよね。

前に書いたことを元に話すとか、そこに書き出すとか。

…と書いていて今一度振り返ってみたのですが、

実際そんなに過去のメモ見直すことないよなぁ…

とか

書いたメモとか図は、大体資料の元になるものばかりで、書いた後パワポにしちゃってる

とか。

なんか普通にButterfly NoteとかRocketbook使っていいんじゃない?という気がしてきました。

個人的には書いたものを残しておけるのが1つの重要ポイントなので、Rocketbookをトライしてみたいと思います。

ペンとノートを一体にして運べないことや、Frixion ボールペンのインク問題は一旦目を瞑るか…

使ってみた感想はまた書こうと思います。

ではまた。

ABOUT ME
shiki0405
5年間務めた社員4,000人の大企業→社員80人のベンチャーへ転職。職種はIT営業→ITコンサル。仕事を効率的に進めるためのExcel・PPT術、人とのかかわり方を発信します。 子どもが最近生まれたので、妻との夫婦関係や子育てで思うことも併せて。